class

【終了】地域と関わる映画製作の現場 −出演者とコミュニティ−

「映画製作」。これだけを聞くと、大ヒットした小説や漫画を原作に、誰もが知っている大物俳優が登場する、遠い世界の話のように感じるかもしれません。ですが、秋原監督の「映画づくり」は少し違います。撮影のロケ地となった地域の住民を出演者として登場させながら、映画製作を「コミュニティづくり」へとつなげています。
今回の授業では、小諸を舞台にした映画づくりをされた秋原監督のこれまでの取り組みを振り返りながら、地域コミュニティや地域を超えた新たなコミュニティづくりの手法としての「映画」について、みんなで考えたいと思います。

授業名/地域と関わる映画製作の現場 −出演者とコミュニティ−
定員/30名
開催日時/2015年9月26日(土)13時00分開始(12時30分開場/2時間程度を予定)
参加費/1,000円
会場/相生会館(長野県小諸市相生町2-1-5)
講師/秋原北胤(映画監督)
授業コーディネーター/山中琢磨(ソフトウェアエンジニア)

※ 会場には来場者分の駐車スペースがありません。公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの場合、近隣コインパーキングに駐車してご来場ください。

講師
20150926039_teacher
秋原北胤(映画監督)
1963年生まれ。東京大学文学部を卒業後、番組プロデューサーなどを経てフリーの映画監督に。2013年には全国各地の地ビールを飲みながら交流ができるカフェをつくるなど、監督業と併せて地域活性化事業にも取り組んでいる。

授業コーディネーター
20150926039_coordinator
山中琢磨(ソフトウェアエンジニア)
1978年生まれ。東京でのIT系サラリーマン生活を経た後、長野県に戻る。現在はwebサイトの制作などを中心にしながら、小諸市相生町商店街の空き店舗を活用した「商店街で部活」など地域を盛り上げる取り組みにも関わっている。