class

【終了】なぜ、今、世界は朝型にシフトし始めているのか? −世界の朝から見えてくる人生を豊かにするためのヒント−

最近、世界を旅しながら思うのは、「朝が面白い」ということ。あ、この人面白いなと思う人は、たいてい朝文化に熱心です。最近の東京での流行りモノからも、その一端を感じることができます。今人気なのは、夜景でも、カクテルでも、クラブでもなく、ジョギングに、パンケーキに、サードウェーブ・コーヒーなど。どれも朝の文化です。なぜ、世界中の感度の高い人たちは、今、朝に熱いのか。実は、この疑問を解くことに、ますます混迷を極める現代のグローバル社会を、楽しく、愉快に、充実させながら生き抜くヒントが隠されているのです。この「教室」では、ハワイ、台湾、アラブ・イスラーム圏、スペイン、ポルトガル、フランス、ニュージーランド、オーストラリアなど、世界の朝文化を紹介しつつ、朝シフトの文明論的意義というちょっぴり壮大なテーマに迫ってみたいと思います。その上で、松本という街を眺めてみると、「松本×朝」のポテンシャルの高さに気がつくはず。「朝が似合う街、松本」って、何だかワクワクしませんか?その他、参加者の皆さんの「朝シフト」に役立つワークショップも計画中。「朝」というキーワードに反応する皆さんと、「朝」の早い時間から、改めて「朝」について語り合う。そんな場にしたいと思っています。

授業名/なぜ、今、世界は朝型にシフトし始めているのか?−世界の朝から見えてくる人生を豊かにするためのヒント−
定員/30名
開催日時/2015年6月27日(土)8時00分開始(7時30分開場/2時間程度を予定)
参加費/1,500円(授業料1,000円+ドリンク代500円)
会場/cafe&select amijok(長野県松本市中央3-4-14)
講師/山本達也(清泉女子大学文学部地球市民学科准教授)
授業コーディネーター/小島剛(amijok店主)

※ 会場には来場者分の駐車スペースがありません。公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの場合、近隣コインパーキングに駐車してご来場ください。

講師
20150627031_teacher
山本達也(清泉女子大学文学部地球市民学科准教授)
清泉女子大学文学部地球市民学科准教授。もったいない学会理事。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。専攻は、国際関係論、情報社会論など。松本の街に次世代社会への可能性を感じ一目惚れ。家族で移住。東京と松本のデュアルライフを楽しむ。次の時代の政治・経済・社会システムのデザインをライフワークとし、世界各地でフィールドワークを行っている。
www.tatsuyayamamoto.com

授業コーディネーター
20150627031_coordinator
小島剛(amijok店主)
amijok店主、2011年開業。長野市出身。「人がゆるやかにつながり新しいことが生まれる場所」を目指し、カフェ営業の他にワークショップやライブなどのイベントを開催する。2015年3月より講師山本さん夫妻とともに「MBBC」(Matsumoto,Book,Breakfast&Coffee)を企画・運営。