class

【終了】のんびり編集からみるニッポンのあたらしい「ふつう」

ニッポンのあたらしい”ふつう”を秋田から提案している、秋田県が発行するフリーマガジン「のんびり」。
そんな「のんびり」をつくっているのは、藤本智士さん率いるRe:sチームと地元のクリエイターたち。今回は、編集長の藤本さんをゲストに、のんびりのこれまでのことや今後のことをお聞きしたり、これからの暮らしをどう考え、どう選ぶのか、長野からニッポンのあたらしい”ふつう”とは何かを一緒に考えます。

授業名/のんびり編集からみるニッポンのあたらしい「ふつう」
定員/30名
開催日時/2015年11月28日(土)14時00分開始(13時30分開場/2時間程度を予定)
参加費/1,000円
会場/すわまちくらぶ(長野県諏訪市諏訪1-5-19) >>Google Map
講師/藤本智士(編集者)
授業コーディネーター/まちの教室

※ 授業内容は予告なく変更される場合があります。
※ 会場には来場者分の駐車スペースがありません。公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの場合、近隣コインパーキングに駐車してご来場ください。

講師
20151128044_teacher
藤本智士(編集者)
1974年兵庫県生まれ。有限会社りす代表。雑誌『Re:S』編集長を経て、現在、秋田からニッポンのふつうを考えるマガジン『のんびり』の編集長を務める。また、吉本興業発行の『おおらかべ新聞』(大阪)など、編集を軸にローカルデザインを考える事例が話題に。全国でかべ新聞づくりのWSなども開催。編集・原稿執筆・旅のコーディネートなどを担当した『ニッポンの嵐』をはじめ、編集を手がけた書籍多数。著書に『ほんとうのニッポンに出会う旅』(リトルモア)、イラストレーター・福田利之との共著『BabyBook』(コクヨS&T)。編著として池田修三作品集『センチメンタルの青い旗』(ナナロク社)など。写真家・浅田政志との共著となる『アルバムのチカラ』(赤々舎)が発売されたばかり。

http://re-s.jp/
http://non-biri.net/

授業コーディネーター
まちの教室
毎月第4土曜に開催するまちの教室。この授業はまちの教室スタッフによる企画授業です。