class

【終了】「坂」の魅力を考える −ほんとうに「坂」って魅力なの?−

「坂のまち小諸」 小諸市民であれば一度は聞いたことのある言葉だと思います。あらゆる場面で好意的に使われる言葉ですが、正直な話、暮らしている人にとってはマイナスなことの方が多いのではないでしょうか?今回、授業コーディネーターを任された私もずっとそう思っていました。でもそれってもったいないですよね?他のまちにはない地形、歴史、文化、それらをちゃんと知ることで、自分たちの暮らすまちが好きになり、誇らしくなるものだと思います。今回の授業では、小諸の坂の魅力を研究された講師の方と一緒に坂を歩きながら、その魅力についてみんなで考えたいと思います。

授業名/「坂」の魅力を考える −ほんとうに「坂」って魅力なの?−
定員/30名
開催日時/2015年9月26日(土)10時00分開始(9時30分開場/2時間程度を予定)
参加費/1,000円
会場/せせらぎの丘(長野県小諸市相生町1-1-9/『停車場ガーデン』前)/ほんまち町屋館(長野県小諸市本町2-2-9)
 ※午前9時50分までに「せせらぎの丘」にご集合ください。集合後、小諸のまち歩きを行います。
講師/武者忠彦(信州大学経済学部 准教授)・井出正臣(井出建設興業株式会社 代表取締役社長)
授業コーディネーター/倉根明徳(信州イノベーションプロジェクトSHIP 共同代表)

※ 会場には来場者分の駐車スペースがありません。公共交通機関をご利用いただくか、お車でお越しの場合、近隣コインパーキングに駐車してご来場ください。

講師
20150926038_teacher
写真左:武者忠彦(信州大学経済学部 准教授)
1975年長野県佐久市生まれ。東京大学理学部卒業。メーカー勤務を経て、東京大学総合文化研究科博士課程修了。2008年より現職。専攻は都市地理学、都市政策論。著書に「信州まちなみスタディーズ<佐久穂><小諸>」等。

写真右:井出正臣(井出建設興業株式会社 代表取締役社長)
1974年長野県佐久穂町(旧佐久町)生まれ。工学院大学建築学部卒業後、家業を継ぐため佐久穂町へ。武者講師とともに「信州まちなみスタディーズ」を出版した他、平成26年に県が主催した「信州元気づくり実践塾」の塾頭を務めるなど、地域づくりのキーマンとなっている。

授業コーディネーター
20150926038_coordinator
倉根明徳(信州イノベーションプロジェクトSHIP 共同代表)
1978年長野県小諸市生まれ。金沢大学大学院修了後、2003年に長野県庁入庁。2013年には、若い力で地域を盛り上げるため「SHIP」を発足し、官と民の立場をうまいこと使い分けながら県内各地で奮闘中。