report

朝の使い方と、これからの時代との付き合い方

朝の使い方を考える授業は、やっぱり朝から開催です!

講師は清泉女子大学文学部地球市民学科の山本達也さんです。専攻は国際関係論、情報社会論、比較政治学やエネルギーなど。地球市民学……気になります。
山本さんは松本の朝を面白くしようと、「MatsumotoBBC」を企画している仕掛け人でもあります。
「MatsumotoBBC」はMatsumoto,Book,Breakfast&Coffeeの略で、美味しくて健康的な朝ご飯(Breakfast)をいただきながら、その場に集う人たちとシェアしたいと思う本(Books)を紹介し合い、思わず豆の特徴やクオリティについて語りたくなるような素晴らしいコーヒー(Coffee)を楽しもうという会のこと。

実はこの授業、「MatsumotoBBC」とのコラボ授業なのです。
朝の時間に、朝のことをおしゃれなカフェでコーヒーの香りとともに考える…、そう、優雅なんです。

この私はというと、実は今回の授業準備のため、当日6時半集合のところを遅刻してしまう始末!(お恥ずかしい…)生活リズムがちぐはぐな毎日を過ごしております。学校:バイト:遊び=4:4:2の割合で、気が付いたら毎日朝から夕方まで学校、夜までバイト、週に一回は夜勤で学校まで起きっぱなしみたいな状況です。課題が入ってくると夜勤がない日でも朝までコース。朝まで起きているから、朝型?と言えるのかな…(笑) 朝焼けは何度も見ました。学校に行くためにバイトをしているのに、体調が悪くなったりして学校に行けなかったり……。見直したい、この生活!!

今回の授業は東京の夜景、松本城、上高地の写真からはじまります。
「上高地のこの感じ、夜は似合わないですよね。」
松本は朝の似合うまちだと山本さんは言います。

20150627031_01

世界各地に行く山本さんは世界の朝文化の様子を楽しそうに伝えてくれます。
朝走る人、朝ヨガ、サーフィン、朝市、パンケーキ、サードウェーブコーヒー…。どんどん朝文化のある風景が増えています。確かに、どれも日本でも見慣れ始めた景色。なぜかわくわくと心惹かれるものばかりです。今回の授業に参加してくださった皆さんも、「朝」というキーワードに反応してきた人ばかり!みなさん朝の効果か、きらきらと知的に見えます。

朝にこだわる人は面白い人が多いと山本さんは言います。ベーコン、シューベルト、ヘミングウェイ…偉人たちの朝の習慣をみていくと、朝早く起き、午前中に仕事をする人が多いことが分かります。クリエイティブな人はクリエイティブでない日常で習慣的に仕事をしているのです。
ぎょ!私はクリエイティブすぎる日常を過ごしていたなぁ…(笑) 確かに私の生活リズムは時給で縛られていることもあり、毎日のあれこれに追われすぎていて、新しく何かを考えだす、ということは難しい環境かも。

時間は1日24時間しかないので、時間の量を増やすことは難しい。だから、時間の使い方、時間の質をよくするのはどうか、というのが山本さんの提案です。
先生!「時間の質」はどのようによくしていくのでしょうか!?

石油エネルギー資源に限りがあるのに、まだまだ私たちの生活は石油に頼りっぱなし。簡単に取れていた石油もピークを過ぎ、枯渇へと向かっています。需要と供給が解離した世界、次の時代がやってくると山本さんは言います。
そんな次の時代のキーワードは「与える」。人間は必ず死にます。致死率100%の人生をどうやって「より善く生きる」か。「より善く生きること」、「与えること」を考えていくことが「時間の質」を上げるヒントになるのです。

ニュージーランドのマオリ族には「マネーよりマナ」という言葉があるそう。マナは生まれたときがマックスで、どんどん減ってしまうもので、いいことを他の人にして感謝されることでマナを得ることができるというもの。それはより「与える人」になることを勧める教えです。

「MastumotoBBC」では、自分の持っている知識、知っている本を紹介しあうことで、自分の与えられるものは何かを考える機会にしているそうです。「MastumotoBBC」に参加することも、「時間の質」を上げ、「よりよく生きること」につながるかも!

今回は「与える」実践編として、「朝早起きしてハッピーになったこと」と「朝早く起きたボーナス1時間を何に使うか」を考えてみんなでシェアしてみました。

20150627031_02

20150627031_03

私の場合は、趣味で山に登るので山ルールで強制早起きなのですが、山頂で見る朝焼けや山なみを眺めている時間はサイコ-にハッピーな時間です!「山がかっこいいのですよ!」というと、山好きでない人にはドン引きされてしまうのですが、山が本当にかっこいいのですよ!!
1時間プラスでもらえたら、参加者のみなさんもおっしゃっていたように、本や映画の時間に充てたいですね。

みなさんはどうでしょう??朝の使い方、見直してみませんか?

20150627031_04

(まちの教室スタッフ 越智風花)

===

山本達也(清泉女子大学文学部地球市民学科准教授)
清泉女子大学文学部地球市民学科准教授。もったいない学会理事。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。専攻は、国際関係論、情報社会論など。松本の街に次世代社会への可能性を感じ一目惚れ。家族で移住。東京と松本のデュアルライフを楽しむ。次の時代の政治・経済・社会システムのデザインをライフワークとし、世界各地でフィールドワークを行っている。
www.tatsuyayamamoto.com